カクテル・リストを更新しました(2019.03.16)

こんにちは、kanatoです。

カクテル・リストを更新しました。今回追加したカクテルは次の9種類です。

Gin Base(ジン・ベース)

  • Bermuda Rose(バミューダ・ローズ)
    フルーティーなアプリコットの香りがジンのすっきりとした味わいにマッチしている。アルコールは少し高めだが、色も美しく、美味しいカクテル。
  • Rosetta Stone(ロゼッタ・ストーン)
    淡いピンクが美しく、印象的なカクテル。ドライジンとレモンジュースという爽やかなレシピにアマレットの風味とグレナデンシロップの甘味がほのかにアクセントを与えている。
  • Union Jack(ユニオン・ジャック)
    上品な色合いが印象的なカクテル。バイオレットの優雅な香りと艶やかな甘さがジンとよく合っている。アルコールは強めで、大人のカクテルといった装い。まさに、英国の国旗「ユニオンジャック」の名前にふさわしい一杯。
  • Yokohama(ヨコハマ)
    日本の都市の名前が付いた数少ないシティカクテルの一つ。昭和初期には存在していたというスタンダードカクテルの一つとしても有名。

Rum Base(ラム・ベース)

  • Moomba(ムーンバ)
    オレンジリキュール「グランマルニエ」にさらにオレンジジュースを掛け合わせたオレンジの風味が特徴。加えて、少量加えるグレナデンシロップが上品な色と更なる甘味を演出している。

Tequila Base(テキーラ・ベース)

  • Changuirongo(シャンギロンゴ)
    有名なカクテル「スクリュードライバー」のバリエーションの一つで、ベースをウォッカからテキーラに替えたカクテル。スクリュードライバーと同様にオレンジジュースの柑橘系の爽やかさでかなり飲みやすくなっている。

Brandy Base(ブランデー・ベース)

  • Harvard Cooler(ハーバード・クーラー)
    シティ・カクテルの一つで、ハーバードの名を冠したカクテル。スッキリと爽やかな味わいのロングカクテル。アルコール度数もそこまで高くなく、のどごしが良くゴクゴクと飲める一杯。

Wine Base(ワインベース)

  • Oasis Cooler(オアシス・クーラー)
    ドライ・ジンをベースにハーブやスパイスの効いたドライ・ベルモットを合わせたカクテル。さらにレモンジュースのほのかな酸味とソーダの爽快感でまさに砂漠のオアシスのように喉を潤してくれる一杯。

Liqueur Base(リキュール・ベース)

  • Southern Peach(サザン・ピーチ)
    サザンカンフォートのフルーティーなフレーバーに、ピーチリキュールの香り、甘味が調和した爽やかで飲みやすいカクテル。

カクテル

Posted by kanato