壮一郎の流儀 SOUICHIROU NO RYUGI Navy

酒乃さわださんのクラウドファンディングで、限定200本の日本酒『壮一郎の流儀 SOUICHIROU NO RYUGI Navy』をいただきました。クラウドファンディングのページはこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sakenosawada2018

まず、一目見て感じたのが、「ラベルがかっこいい」でした。ネイビーに白で書かれた「壮一郎の流儀」はなかなか男気溢れる感じでがしました。

液色はほとんど透明ですが、よく見ると薄い黄金色、まるできれい目の白ワインのような淡い色合いです。

味わいも上品でフルーティー、上質な甘口の白ワインを飲んでいるようでした。しかし、日本酒としてのキレもあり、なんとも言えない長い余韻も面白い。優しさを感じる味わい深い日本酒でした。

なんでも、愛媛県周桑郡小松町(現西条市)にある首藤酒造さんの「寿喜心 純米吟醸(規格は大吟醸)生酒」を低温で約1年間熟成させた一品だそうです。ちなみに販売者さんの「酒乃さわだ」さんは愛媛県大洲市にあるそうです。

通常しぼりたてのフレッシュな状態を楽しむのが生酒ですが、一部特別な温度帯(酒蔵さんと酒乃さわださんの温度設定は-5℃)で貯蔵することで、生熟成による独特の旨みが現れるそうです。

そんな製法ですので、ワインのような味わいが感じられ、且つ日本酒のおいしさも共存する、深くて複雑な味わいの日本酒になったんですね。

久しぶりにおいしい日本酒を飲みました。スーッと飲めてしまうくらいおいしくて、すでに消費済みです。これならば、もう数本欲しかったのですが、限定販売ですので仕方なしです。この次は、もとになったお酒「寿喜心」を飲んでみたいと思ってしまいました。

とりあえず、首藤酒造さんの代表銘柄をポチっとしてしまいましょうかね。

日本酒

Posted by kanato