白鶴酒造の若手だけで創る【別鶴(べっかく)】のお酒

こんばんは、kanatoです。

今回はMAKUAKEのクラウドファンディングのリターンでいただいた日本酒をご紹介したいと思います。

別鶴(べっかく)

日本酒で有名な兵庫県・灘にある白鶴酒造の若手社員さんたちが「新しい日本酒の世界を覗こう」というコンセプトで、日本酒を飲んだことのない人も楽しめる日本酒を目指しました。しかも、使用したのは実用化までに至らなかったお蔵入り酵母で、テスト醸造を何百回も繰り返して醸造された渾身の逸品だそうです。名前もユニークで、「木漏れ日のムシメガネ」、「陽だまりのシュノーケル」、「黄昏のテレスコープ」といったお洒落な名前がついています。ただ、お酒の特徴は名前だけではわからないという・・・イメージカラーがありますので、なんとなく想像がつくようになっていました。

いずれも味わいは日本酒というよりは軽めのワインに近いと感じました。

木漏れ日のムシメガネ

レモングラスのような香りと爽やかな酸味が特徴のお酒です。

天気の良い午後、柔らかな光が差し込む木陰に座って、ゆったり気分に乾杯!

――といったシーンにぴったりの味わいです。

レモンの香りと酸味のバランスが良く、きれいにまとまっている印象で、飲みやすかったです。

 

陽だまりのシュノーケル

柑橘類の果皮のような香りとほろ苦さが特徴のお酒です。

燦々と降り注ぐ太陽と澄みわたる青空の下、開放的な気分に乾杯!

――といったシーンで飲んでほしい一杯です。

柑橘系のフレーバーとわずかに感じる苦みがより爽やかさを演出しているような清々しい一杯でした。妻はこれが一番好みのようでした。

 

黄昏のテレスコープ

完熟した果実のような芳醇な香りとまったりとした甘味が特徴のお酒です。

茜色に染まった夕暮れ時、これから始まる夜宴に向けて早めに乾杯!

――といったシーンをイメージしてつくりました。

ベリー系の果実のフレーバーに加えて、濃厚な甘みが印象的でした。赤いベリー系と色のイメージが合っていて、私にとってはこれが一番好みの味わいでした。

最後に

今回のクラウドファンディングは7500円で3本いただけましたが、いずれも2500円くらいであれば、安いくらいのクオリティでだったと思います。また、コンセプト通り、「日本酒を飲んだことのない人も楽しめる日本酒」になっているのではないかと思います。日本酒の入り口にはよさそうですね。

現状ではクラウドファンディングのリターンのみで入手可能なようで、すでに終了してしまっていますが、白鶴酒造で販売してくれれば、リピートしたい逸品です。白鶴酒造さん、よろしくお願いします。

日本酒

Posted by kanato