米と麹のあまざけ

こんにちは、kanatoです。

先ほど、大関さんの「米と麹のあまざけ」をいただいてみました。

米と麹のあまざけ

杜氏の技で造り上げたお米由来のやさしい甘みとまろやかな味わい。アルコール0.0%、砂糖不使用の酒蔵ならではのこだわりの米麹甘酒です。

(大関酒造さんのウェブサイトから引用)

パッケージにもある通り「杜氏のこだわり」で作られた甘酒ですね。先日行われた大関さんの蔵開きの際に購入した福袋に入っていた一品になります。3本入っていましたがいつの間にか1本になっていました。

あまざけは温めて飲むものだと思っていましたが、冷~温のどの温度帯でも大丈夫のようです。確かに紙パックでストローがついていれば、そのまま飲みますよね。ちなみにこちらの「米と麹のあまざけ」は季節限定商品だったそうですが、2018年からパッケージを紙パックにリニューアルして、通年商品になったんだとか・・・。人気商品だったんですね。

今回は「冷」で飲んでみました。少し粉っぽいような気もしますが、優しい甘みが口の中に広がります。若干風味に癖があるもののほとんど気にならなず、さっぱりと優しい甘さが印象的でした。ただ、個人的には「温」で飲んだ方がおいしかったかもしれません。

原料を見てみると、米と米こうじと食塩だけ。砂糖は添加されていないようで、自然の甘みとやさしい味わいに仕上がっているというわけです。確かにがっつり砂糖!!といった感じはしません。素朴な味わいでしょうか

こちらはお酒ではなく、清涼飲料水ですので、どなたでもお楽しみいただけます。でも、小さい子はちょっと好みが分かれるかもしれませんね。子供の頃の自分だったら、風味の癖で少し敬遠してしまったかもしれません。今は大好物ですが・・・

大関さんの蔵開き

ちなみに先週(2019年3月2日)に大関さんの蔵開きがあったので、そこに家族で行ってきました。

とりあえず、本日限定のお酒をいただき、ふらふらしながら構内を散策です。しかし、1杯100円でこれが飲めるのはよかったですね。個人的にはワンカップ生原酒がおいしかったです。フレッシュで、透明感があり、後味にアルコールが強めに来る・・・このコンボがたまりません。

そして、限定酒を飲むのは当然として、いろいろなイベントもあり、私が行ったときは「井上姉妹」さんの和太鼓の演奏をされていました。迫力があり、そして繊細さがあり・・・素晴らしい演奏でした。ちなみに西宮市出身の地元アーティストと聞いていたので、後で調べてみると、お姉さんは西宮市出身ですが、妹さんはニュージーランド・ウェリントン出身でちょっとびっくりしました。

さいごに

ということで、「米と麹のあまざけ」と大関さんの蔵開きをご紹介しました。ちなみに会場で飲んだ暖かい甘酒は超絶品でした。来年もまた行きたいですね。きっと来年も「井上姉妹」が出演するはず。私はお姉さん押しです。

日本酒

Posted by kanato