ビーフィーター ロンドン・ドライ・ジン

2020年1月13日

1820年の創業以来変わらぬレシピを守り続け,今なおロンドンで蒸溜されている唯一のロンドンドライジンです.世界約170カ国で愛飲されており,日本でもトップブランドです.
ちなみにラベルの兵隊さんは「ヨーマン・ウォーダー」と呼ばれるロンドン塔の衛兵さんで,当初のお給金の一部に当時は庶民が口にできなかった食材「牛肉」が含まれていたことから「ビーフ・イーター(牛食い)」という呼び名が付いたと言われています.
しかも,比較的安価ですし,どのカクテルにも合わせやすいです.

普段使いからプレミアムまで、いくつかのバリエーションがあります。

アルコール度数40°の最も一般的なドライ・ジン

サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ]

サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ]

1,025円(03/07 18:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

アルコール度数を47℃に強めたドライ・ジン

サントリー ビーフィーター ジン47度 [ 750ml ]

サントリー ビーフィーター ジン47度 [ 750ml ]

1,151円(03/08 02:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

ビーフィーターのジンの上位グレード「ビーフィーター24」

ビーフィーター ジン 24 [ 700ml ]

ビーフィーター ジン 24 [ 700ml ]

2,934円(03/08 02:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

日本ではすでに終売になっている上位グレードのジン「クラウン・ジュエル」

ビーフィーターでは珍しいフレーバード・ジン「ピンク・ストロベリー」

Posted by kanato