Spritzer(スプリッツァー)

白ワインを炭酸で割るといった簡単なレシピで、言うなればワインベースのハイボール。

オーストリアのザルツブルグが発祥と言われており、カクテル名「Spritzer」はドイツ語ではじけるという意味の「Spritzen」に由来する。

1980年代にアメリカで爆発的に流行し、当時はアルコール度数が低いことからも「健康ドリンク」として親しまれていた。

ワインを炭酸で割るので、アルコール度数はかなり低くなるため、アルコールが苦手な方でも無理なく楽しめるのではないだろうか。

スタンダードレシピ

材料

  • 白ワイン 90mL
  • ソーダ 適量

調製方法

  1. 冷やした白ワインを、フルート型シャンパングラスに注ぐ。
  2. 冷やしたソーダを適量加え、軽くステアする。

アレンジレシピ

  • ソーダをジンジャーエールに変え、レモン・ジュースを1tsp加えると「Operator(オペレーター)」になる。
  • 白ワインを赤ワインに変更すると「Spritzer Rouge(スプリッツァー・ルージュ)」になる。

Posted by kanato