Highball(ハイボール)

2020年3月28日

ウイスキーをソーダで割ったものが原点と言われるが、現在ではスピリッツやリキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料で割ったものを総じてハイボールと呼称することもある。日本では、焼酎をベースにしたハイボールを酎ハイ(焼酎ハイボール)と呼ぶ。

ハイボールの名前の由来は、米国の鉄道の信号に使われていた「ボール信号(棒の先にボールをつけたもの)」が有力である。ボール信号の際にバーボンウイスキーのソーダ割のサービスがあったからとか、信号の切り替えを見た駅員がチビチビ飲んでいたウイスキーを一気に飲み干すためににソーダを入れた、といった話が残っている。

スタンダードレシピ

材料

  • ウイスキー 45mL
  • ソーダ 適量

調製方法

  1. グラスに氷、ウイスキーを入れる。
  2. ソーダでフルアップし、軽くステアする。

アレンジレシピ

  • アメール・ピコン・ハイボール、カンパリ・ソーダ、キューバ・リバー、クロンダイク・ハイボールなど、ハイボールに分類されるものは数多い。また、ウイスキーのハイボールは特に「ウイスキー・ハイボール」と呼称されることもある。

調製例

材料例

Posted by kanato